社会福祉士になるためにはヒヤリング力がポイント

注目されている福祉の仕事

子供への虐待・高齢者の孤独死といった多様な社会問題が発生する現代社会において、「社会福祉士」という職種が注目を集めています。社会福祉士は身体的・精神的に問題を抱えた人の相談に乗る仕事です。知人へ話すのが難しいナイーブな問題でも、社会福祉士なら親身になって話を聞いてくれるでしょう。

福祉関連の資格について

社会福祉士になるためには社会福祉士の資格が必要不可欠です。合格率は25%前後なので、優れた知識と技術を兼ね備えた人物だけが社会福祉士として働くことができます。一般的な大学を卒業して専門施設で相談援助をする、または社会福祉士養成学校を卒業すれば受験資格が得られます。社会福祉士は精神保健福祉士や介護福祉士と並んで、「福祉関連の三大国家資格」と呼ばれています。

人気コンテンツ

部屋

社会福祉士の仕事をする為の進学先の選び方

新潟には社会福祉士を目指すための学校が7校あります。そのうち大学が4校、専門学校が3校です。勉強以外でいろいろな経験をしてみたいという方は大学を、専門の知識や技術を一生懸命学びたいという方は専門学校の進学がおすすめです。

READ MORE
男の人と女の人

社会福祉士の学校の種類別のメリットを紹介

社会福祉士の資格は高齢化社会の日本にとって必要不可欠な資格の一つで、人材の確保が求められているのが現状です。そういった理由から専門の勉強ができる学業施設も増加傾向にあって、新潟エリアでも社会福祉士としての勉強ができる学校はあります。資格の取得に葉いろいろな選択肢があってそれぞれにメリットや特徴があることから、これから目指す人は自分に合った選択をすることが大切です。

READ MORE
介護

知っておこう!社会福祉士の学校を決めるまでの流れ

新潟で社会福祉士の学校に進学したい場合、その学校の雰囲気や詳しい情報が得られるオープンキャンパスに参加しましょう。その体験により大学と専門学校の違いも把握できます。学校の資料やホームページを見れば学費などの細かい情報を入手できます。それでも理解できないことがあったら、オープンキャンパスで質問をすることが大事です。

READ MORE

社会福祉士の主な就職先

精神科病院などの医療機関

一般病院・診療所・精神科病院などの医療機関では、社会福祉士の需要が高くなっています。なぜなら病気や事故によって精神的なショックを受けている患者及び家族が多いからです。医師は数多くの患者を抱えているため、1人1人の相談に乗ることが難しい傾向にあります。社会福祉士ならゆっくりと話を聞くことができるので、相談する人が多いです。

老人ホームやデイサービスセンター

老人ホームやデイサービスを利用している高齢者は家族と疎遠になっているケースが多く、話し相手として社会福祉士が求められています。高齢者が日常生活を快適に過ごせるように、指導を行うのも社会福祉士の重要な仕事です。

障害者福祉施設

障害者福祉施設では相談に乗るだけではなく、指導や援助を行うことが重視されます。他の就職先より仕事内容が多岐に渡るので、さまざまな経験を積みたい人に最適です。障害者の気持ちになって接することができる、豊かな心の持ち主が求められています。

児童相談所や学校

家庭の虐待問題や教育機関内のいじめ問題など、子供も大人と同じようにナイーブな問題で悩んでいます。子供が気軽に相談できるように児童相談所や学校に社会福祉士が在籍しているケースが多く、就職先の1つに数えられます。

知っておくと得する情報!社会福祉士の仕事内容

男性

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士は利用者の悩みをしっかりヒアリングして、まずは共感してあげることが大切です。相手の意見を否定せず、どんな悩みを抱えているか話を引き出す必要があります。ヒアリングした上で、今後どのようにするべきか対策をアドバイスします。最近は新潟県をはじめとする過疎地域で、高齢者の相談に乗る社会福祉士の需要が高まっているのが現状です。必要であれば利用者が受けられる社会福祉サービスを伝え、自立を促す役割を担っています。

社会福祉士の国家試験対策方法

非常に難易度の高い試験なので資料集や過去問を購入して、コツコツと勉強するのが得策です。独学が難しい場合は、社会福祉士を養成している専門学校に通う方法もあります。専門学校は社会福祉士に関して熟知しているため、効果的な対策法を教えてくれるでしょう。また、机に向かって勉強するだけではなく、実際に社会福祉士が働く現場を見ることも立派な試験対策と成り得ます。専門学校では現場見学を設けているケースが多く、実践的な技術を磨くことができます。

広告募集中