社会福祉士の学校の種類別のメリットを紹介

専門学校で社会福祉士の勉強をすることで、短期間で資格取得が可能

国家試験の受験資格について

新潟で社会福祉士を目指している人は国が指定している社会福祉士の国家試験に合格しなくてはいけません。とはいえ、この国家試験は希望をすれば誰でも気軽に受験できるという物ではなく、試験を受けるための資格の取得が義務付けられています。主に専門学校や大学に進学して卒業後に一定の期間現場で経験を積むという流れが一般的です。

人気の福祉関連の資格ランキング

no.1

最初にここを目標にする人が多い介護職員初任者研修

介護職員初任者研修という資格は、以前はホームヘルパー2級という呼ばれ方をされていましたが、現在ではこの呼び名で定着されています。こちらは社会福祉士としてキャリアアップしていくための登竜門とも言える資格の一つで、これを取得することでさまざまなステップアップが可能です。将来的に上を目指したいと言う人は、まずこの資格を取得することを目標にしています。

no.2

職場によって高収入が期待できるケアマネージャー

別名介護支援専門員とも呼ばれるケアマネージャーは、高齢者の介護はもちろんのこと、施設でのケアプランの作成といったさまざまな仕事ができる資格になります。働く施設によって収入は異なり、数ある社会福祉士の中では平均的な収入です。しかし、仕事の幅が広く重要な役割を担う資格の一つでもあることから、新設された施設では高額の給料を提示してもらえるケースも少なくありません。実績によって収入が上がるという点でもやりがいのある人気の資格です。

no.3

社会福祉士としてスタートラインともいえる介護福祉士

福祉系の仕事の基本とも言える介護福祉士は、全く業界について知らない人でも一度は耳にしたことがあるといっても過言ではないほど知名度の高い資格です。とはいえ、知名度は他の資格よりも高くても慢性的な人材不足に頭を悩ませているのが現状です。全国の施設でこの介護福祉士の人材確保が急務とされていますが、人材が不足しているからこそ取得がしやすい資格でもあり、近年では人気も高まってきています。この資格だけでは高給を期待するのは難しいことから、まずはこの資格を取得してそこからステップアップを目指すのが一般的です。

社会福祉士の学校の種類別のメリットを紹介

男の人と女の人

社会福祉士を目指して専門学校へ入学するメリット

国家試験を受験するための資格の取得方法の一つに専門学校への進学があります。介護福祉系の専門学校は一部の例外を除いて一般的に2年制となっていることから、独学で勉強をして資格を得る場合に必要となる3年の期間よりも1年間早く資格を取得できるのがメリットと言えます。そのほかにも、学校に通うことで同じ夢を持って頑張っている仲間と切磋琢磨しながら勉強に励めるという点も大きな強みです。

社会福祉士を目指して短大へ入学するメリット

社会福祉士の国家試験を受験するための資格は、短大に進学することでも取得することができます。短大は一般の大学の半分の時間で卒業ができるのが特徴です。学校で習う授業内容は一般の大学と同じなので、単純に一般の大学で4年かけて習うことを半分の2年で習えるということになります。もちろんその分授業内容の密度は濃くなるとはいえ、少しでも早く資格を取得したい人には大きなメリットです。資格の取得には卒業後に実際の現場での実務経験数年必要となりますが、こちらも一般の大学に比べて早く社会で経験を積めるというメリットが得られます。

社会福祉士を目指して四年生大学へ入学するメリット

社会福祉士になるための国家試験を受験するために必要な資格の取得で比較的多くの人が選択するのが四年生大学への進学です。短大が2年で受験に必要な勉強を終えるのに対して、こちらは4年という時間が必要になります。一見するとデメリットのように感じるかもしれませんが、期間が長い分、自分のペースで勉強ができて将来の進路についてじっくりと考える時間があるのは大きなメリットです。また、学校の授業を通して現場での心構えや仕事における覚悟といった物も学べるので、実際に現場で働き始めた時に現実と理想のギャップで挫折をするリスクが少ないというのも強みと言えます。そのほかにも、試験問題の傾向や勉強方法といったことを教えてもらえるのも大学ならではのメリットです。

広告募集中